2回生

#04 染谷智紘

工学部地球工学科

東葛飾高校(千葉県)出身

ハンドボール部

言わずと知れたホッケー部のリア充。彼女の名前はりんごちゃん。ホッケー部との友情よりも、りんごちゃんを優先する。レポート課題と本人が言い訳するときは嘘。時たまに変人になる。でもホッケーのことに関しては大変真面目。あと、意外と乙女。

 

#07加藤恭平

工学部地球工学科

東海高校(愛知県)出身

サッカー部

1回生随一の無気力星人。「俺、週4が理由でこの部活に入ったんだ」が当初の口ぐせであり、舞洲まで行くのを最も嫌がる面倒くさがり屋。無趣味なのを最近気にしている。

#08 福本紘大 (学連委員)

経済学部

北野高校(大阪府)出身

サッカー部

見た目はチャラいけど本当はまじめな経済学部。ホッケーの自主練に誘われることも多々ある。乃木坂とハリポタをこよなく愛する男。USJのハリポタゾーンに一般開演前に入り、5万円をグッズにささげた。

#20 青田航

法学部

六甲高校(兵庫県)出身

野球部

肩幅が広くがっちりとした体格で世の女性たちが憧れる胸筋の持ち主であるが、お化けや幽霊に弱いというギャップがある。胸筋の大きさの割に腕立て伏せがあまり下がっていない光景は一度は見ておきたい。

#17 梶川幹太

農学部食品生物化学科

東京学芸大学附属高校(東京都)出身

ホッケー部

ホッケー経験者で頼りになるかんた。優しさが顔からあふれだす愛されキャラです。そんなかんたはLINEの一言を、おにぎりの絵文字にしてしまうくらい食べることが好きです。何を食べてもおいしいと言います。食に命をかけているゆえ、食事中は黙って箸を進めます。口を開けばパズドラの話ばかり。そんなかんたが大好きです。

#28下平達彦

経済学部

駒場東邦(東京都)出身

サッカー部

しんじです。特に横から見てもらえれば、ドルトムントの背番号7が現れると思います。乃木坂です。握手会があれば飛んでいきます。あるメンバーと30秒握手したとかしてないとか…… 普段はテンション高めですが、練習中はガチモードに入っているときがあるので、その時は察してあげましょう。

#14竹下迪太郎

工学部建築学科

町田高校(東京都)出身

バレーボール部

同回随一の冷静沈着な男。「俺はお前らと違って忙しい」とよく言っている。部活後にみんなでご飯を食べに行くよりも自分の課題を優先する彼だが、ホッケーにかける思いは人一倍熱い!はず……

#22 伊藤航平

工学部建築学科

四日市高校(三重県)出身

野球部

ホッケー部には「いとう」も「こうへい」もいるのであだ名はジュニア。もはや全く本名と被っていない…… 高校時代は意外にも四日市高校野球部のエースだった。そのポテンシャルを活かして、ゆくゆくはホッケー部のエースになるかもしれない(笑)

#16平松駿弥

教育学部

六甲高校(兵庫県)出身

ラグビー部

兵庫県の六甲出身とあって、一部の先輩から「子牧場」と呼ばれています(笑)。また、中学校から一緒のたんげ(大牧場)とのやり取りは見ていて面白いです。純粋で、ノリがとてもいい子です。

#13 山田寛人

工学部物理工学科

大垣北高校(岐阜県)出身

テニス部

岐阜は大垣から来た5人兄弟の長男、寛人。眼鏡が特徴的でスマブラが異常に強い。関東弁、関西弁とは違う何とも言えないイントネーションで話す。最近、作ったスイートポテトがあまりにもおいしすぎて商品化の話があるとかないとか。また、寛人がドビーなのかガンディーなのかについては意見が割れるところである。

 

#06 知花太樹

経済学部

磐田南高校(静岡県)出身

硬式テニス部

可愛い系男子。かっこよくはない。可愛い。焦ると早口になる。とにかく真面目で頑張り屋さん。何事も頑張りすぎて余裕が全くなさそう。京大に来て早々に、ななみんを狙うも、ななみんに彼氏がいてあえなく失恋した。いつでも彼女募集中らしい。

中西直樹

龍谷大学理工学部情報学科

大谷高校(京都府)出身

ホッケー部

とにかくいつも笑っている。笑い声がうるさくテンションが高い。楽しそう。場が盛り上がるとさらにうるさくなり、おねぇっぽくなる。同回のプレイヤーの中で唯一京大生ではないが、一番ホッケー部に馴染んでいる。

MG 上村果穂

京都女子大学家政学部食物栄養学科

時習館高校(愛知県)出身

陸上部マネージャー

高校時代もマネージャーをしており、マネージャーとしてのポテンシャルを秘めている。また、ごはん小でも食べきれないという女子力の高さも見られる。特定の人物にあたりが強かったりすることもあるが、それも含めこれからが楽しみな人物である。

MG 中室周子

京都女子大学家政学部生活福祉学科

郡山高校(奈良県)出身

ホッケー部

フィールドホッケー部1回生アイドル二枚看板の一角を背負うしゅうちゃんは、実はホッケー経験者。そんなしゅうちゃんは仕事をテキパキとこなす姿が印象的だが、ちょくちょくお茶目な一面も垣間見ることができる。