秋季リーグ(2部) 09/13~11/15

 

最終結果:2部 準優勝 1部昇格ならず

得点王 毛塚瑞紀

アシスト王 高本昌弥

敢闘賞 柳本圭介

 


1次リーグ 第一戦 10/04 @柊野ホッケー場

VS神戸大学 3-0 勝利 公式記録(MYHOCKEY)

(1st 1-0 2nd 2-0)

 

 時間 得点者 アシスト

  31分 毛塚瑞紀 阪口和輝

  37分 毛塚瑞紀 高本昌弥

  50分 中西諒  柳本圭介

 

[選評]

 2014年10月4日立命館大学柊野ホッケー場にて京都大学vs神戸大学の試合が行われた。神戸大学のセンターパスにより前半戦が開始された。前半4分京都大学が攻め込むも神戸大学の堅い守備に阻まれ、得点には繋がらない。前半7分京都大学がPCを獲得するが得点できない。その直後にまたしても京都大学がPCを2度続けて獲得するも得点に結びつかない。前半12分神戸大学はサイドから切り込みチャンスを作るも、京都大学の守備に阻まれ得点できない。前半24分神戸大学が決定的な場面を作るがおしくも得点できない。両者譲らない中、前半31分京都大学がPCを獲得。これを京都大学#2毛塚が見事なシュートをきめ京都大学が先制した。前半は京都大学が攻撃の主導権を握る展開となったが、神戸大学はカウンターでチャンスを作っていた。前半は1-0で京都大学がリードして終了した。
 後半2分京都大学がPCを獲得すると、再び京都大学#2毛塚が見事なシュートを決めた。後半15分には京都大学#22中西がシュートを決め、3-0とさらにリード。後半23分には神戸大学がPCを獲得するも、京都大学の堅い守備に阻まれ得点には結び付かなかった。試合において両チームは、堅い守備を見せたが京都大学の攻撃力が上回り、見事に勝利を納めた。(MYHOCKEYより)


1次リーグ 第二戦 10/05 @親里ホッケー場

VS京都産業大学 8-1 勝利 公式記録(MYHOCKEY)

(1st 3-1 2nd 5-0)

 

 時間 得点者 アシスト

   3分 大慶哲也 毛塚瑞紀

  23分 大慶哲也 田宮慎太郎

  33分 毛塚瑞紀 大慶哲也

  37分 仙石夕也 大慶哲也

  41分 毛塚瑞紀 高本昌弥

  45分 猪伏耀司 高本昌弥

  52分 鈴木泰介 加藤拓馬

  62分 毛塚瑞紀 阪口和輝

 

[選評]

 2014年10月5日、関西学生ホッケー秋季リーグの、京都産業大学対京都大学の試合が親里ホッケー場にて行われた。試合は京都大学のセンターパスにから始まった。前半3分、PCを獲得した京都大学は2番FB毛塚選手のアシストから6番MF大慶選手がシュートを決め先制、0-1とする。流れを掴んだ京都大学は攻め続け、16分には2つ目のPCを取得するも得点には結びつかない。強い雨の降りだした中、23分には京都大学がPCを獲得、16番MF田宮選手のアシストから6番MF大慶選手がシュートを決め、0-2とする。反撃を試みる京都産業大学は、24分にPCを獲得するも、得点には結びつかない。33分、PCを獲得した京都大学は2番FB毛塚選手のシュートで得点を追加し、0-3とする。その直後34分、京都産業大学が本日2本目のPCを獲得、8番FW仙波選手のアシストから6番MF三上選手がシュートを決め、1-3とする。雨が降り続く中始まった後半、37分に京都大学5番FW仙石選手がシュートを決め1-4とすると、立て続けに得点を重ねていく。激しい攻防が続く中、62分にPCを獲得した京都大学は14番MF阪口選手のアシストから2番FB毛塚選手が得点を追加し、1-8とする。そのまま試合は終了し、1-8で京都大学が勝利を収めた。(MYHOCKEYより)


1次リーグ 第三戦 10/11 @舞洲ホッケー場

VS和歌山大学 4-0 勝利 公式記録(MYHOCKEY)

(1st 2-0 2nd 2-0)

 

 時間 得点者 アシスト

  10分 毛塚瑞紀 高本昌弥

  31分 柳本圭介 猪伏耀司

  59分 毛塚瑞紀 高本昌弥

  66分 鈴木泰介 横山彰

 

[選評]

 平成26年10月11日、平成26年度関西ホッケー秋季リーグ京都大学対和歌山大学が舞洲ホッケー場にて行われた。前半5分には京都大学がPCを獲得するも得点には結びつかない。その後、両チームで激しい攻防を繰り広げたが、前半10分に京都大学が再びPCを獲得。これを京都大学#2毛塚がゴール右隅に決め先制した。その後前半14分PCを和歌山大学が獲得するも京都大学の守備に阻まれ得点できない。両者譲らない中で前半31分に京都大学がPCを獲得。こぼれ球を#10柳本が落ち着いて決めて2-0として前半を終了する。
 後半も京都大学ペースで試合は進むが和歌山大学の守備の前になかなか得点をすることができず、後半13分にも京都大学はPCを獲得するも決めきることができない。後半19分には和歌山大学もPCを獲得し、シュートを放つが京都大学のGK#1津江の好セーブにより一点が遠い。お互いに中盤でのボールの奪い合いが続き、試合は膠着状態となっていたが、後半23分に京都大学がPCを獲得し、これを#2毛塚が今日2点目となるゴールを決め3-0とする。後半65分には和歌山大学#10佐武がスピードのあるドリブルでサークルまで持ち込むがシュートまで持っていけない。その後京都大学も攻めこみ#25鈴木がスイープで得点し、和歌山大学にペースをつかませない。そのまま京都大学が4-0で勝利した。(MYHOCKEYより)


準決勝 10/25 @舞洲ホッケー場

VS同志社大学 3-1 勝利 公式記録(MYHOCKEY)

(1st 1-1 2nd 2-0)

 

 時間 得点者 アシスト

  29分 柳本圭介 高本昌弥

  46分 毛塚瑞紀

  56分 中西諒

 

[選評]

 平成26年10月25日、平成26年度関西ホッケーリーグ秋リーグ2部の京都大学VS同志社大学の試合が舞洲ホッケー場にて行われた。立ち上がりから、京都大学が攻め込み前半5分に初のPCを獲得するが、ここは同志社大学の守りに阻まれる。しばらく、お互いに一進一退の攻防が続くが、前半13分#11山田選手が#2井上選手からのゴール前へのパスを体制を崩しながらも確実に決め、同志社大学が先制した。なんとか追いつきたい京都大学は前半29分PCを獲得し#10柳本選手がフリックを決め、1-1とし、試合を振り出しに戻した。そのまま前半が1-1で終了した。
 後半戦も両者が攻め込むが肝心な場面で決めきれない状態が続く。後半8分京都大学がPCを獲得するが決めきれない。しかし、後半11分京都大学がPSを獲得し#2毛塚選手が落ち着いて決め、2-1と京都大学がリードした。その後も、京都大学がPCを獲得するなど一方的な展開を見せ後半21分#22中西選手がサークルトップ付近できれいなリバースヒットを決め、3-1で京都大学がリードを広げた。なんとか追いつきたい同志社大学は後半30分PCを獲得するがこれも得点には至らない。後半終了直前まで同志社大学は、攻め込んでいたが決めきれず、3-1のまま試合は終了し、京都大学が勝利した。 (MYHOCKEYより)


決勝戦 10/26 @舞洲ホッケー場

VS中京大学 1-4 敗北 公式記録(MYHOCKEY)

(1st 1-3 2nd 0-1)

 

 時間 得点者 アシスト

 35分+ 叶皓太 毛塚瑞紀

 

[選評]

 小春日和の中、平成26年度関西学生ホッケー秋季リーグ2部決勝戦が舞洲ホッケー場にて行われた。2季連続の優勝を狙う京都大学は前半2分に#2毛塚選手のサークル内への打ち込みに#5仙石選手が反応し、キーパーと1対1の場面となるも、中京大学キーパー#12佐藤選手の好セーブに阻まれる。前半11分にも京都大学#24叶選手がドリブルでサークルインし、PCを獲得するもなかなか得点には至らない。逆に中京大学も前半15分にPCを獲得。シュートがディフェンスに当たり、PSを獲得する。これを#13朝倉選手がしっかりと決め、中京大学が先制する。さらに19分には再びPCを獲得し、#13朝倉選手がフリックで決め、1点を追加。22分にも#5市川選手の打ち込みに#8汲田選手が反応。そのまま中に切り込み、豪快なリバースヒットを決め、3-0とリードする。前半終了間際、京都大学もPCを獲得。リバウンドを#24叶選手が押し込み、3-1とし、前半を折り返す。
 後半も中京大学ペースで進んでいくが、京都大学が再三好守備を見せ、追加点は許さない。一進一退の攻防が続き、試合は膠着状態となっていたが、後半26分に中京大学#7藤田選手がパスをカットしそのままリバースヒットを決め、再びリードを3点に広げる。その後、32分にもPCを獲得するも、京都大学#1津江選手の好セーブが光り、得点を許さない。しかし、このまま中京大学が4-1で京都大学を破り、2部優勝を果たした。(MYHOCKEYより)


1部2部入れ替え戦 11/15 @舞洲ホッケー場

VS福井工業大学 2-3 敗北 公式記録(MYHOCKEY)

(1st 0-2 2nd 2-1)

 

 時間 得点者 アシスト

  69分 叶皓太 毛塚瑞紀

  70分+ 叶皓太 横山彰

 

[選評]

 2014年11月15日(土)平成26年度関西学生ホッケー秋季リーグ男子1部7位福井工業大学対2部2位京都大学の試合が始まりました。前半5分、福井工業大学FW13亀山選手のゴール前に出したパスを、FW16鵜飼選手が冷静にゴールへ流し込み、福井工業大学が先制。1-0となった。福井工業大学は先制後も積極的に行くが、得点には至らない。前半12分京都大学は相手GKのファウルによりPCを獲得するも、シュートが決まらず得点には至らない。前半17分、福井工業大学がゴール前に攻め込むも、京都大学のディフェンス陣に阻まれ、追加点には至らない。前半21分、京都大学がシュートを放つも、福井工業大学GK22小野田選手の好セーブにより、得点には至らない。前半26分、福井工業大学MF5河津選手がゴール前で相手GKと1対1になり、冷静に流し込み福井工業大学が追加点を挙げ、2-0となった。

 2-0で後半が始まり、後半41分、福井工業大学がシュートを放つもゴールには至らない。後半も福井工業大学がゲームを優位に進める。後半53分、福井工業大学がPCを獲得しFW13亀山選手がサークルトップからヒットシュートを放つも、ボールはゴールの上を行き追加点とはならない。後半59分、福井工業大学MF5河津選手が決め、追加点を取り、3-0となった。後半68分、京都大学がPCを獲得するも、ディフェンスの好セーブにより得点には至らないが、続いて後半69分、京都大学MF24叶選手のゴールにより3-1とする。立て続けに後半70分、PCを獲得し、3-2とする。そのまま試合終了となり、福井工業大学が1部残留を決めた。(MYHOCKEYより)