春季リーグ(2部) 05/02~06/27

最終結果:春季リーグ第三位


Bプール 第一戦 05/16 @親里ホッケー場

VS和歌山大学 3-0 勝利 公式記録(MYHOCKEY)

(1st 2-0 2nd 1-0)

 

時間  得点者  アシスト

 14分  横山彰  猪伏耀司

 17分  叶皓太  後藤馨

 62分  大慶哲也 横山彰

 

【選評】

 2015年5月16日平成27年度関西学生ホッケー春季リーグが、曇り空の中、親里ホッケー場にて京都大学対和歌山大学の試合が行われた。和歌山大学のセンターパスにより前半が開始された。前半8分京都大学が巧みなパスワークで攻めるがシュートまでいけず。前半13分京都大学がPCを獲得する。前半14分京都大学#27猪伏のパスに#26横山がゴール前に詰めて見事なシュートで先制点を獲得する。この得点で勢いに乗った京都大学は前半17分相手GKのはじいたボールに反応し、#24叶が冷静に決め、2対0。一方の和歌山大学も、果敢に攻めるが、京都大学のナイスディフェンスで、シュートを打てず。前半27分和歌山大学#9平井がタッチシュートを放つが、京都大学GKのナイスセーブで阻まれる。前半34分和歌山大学がPCを獲得する。京都大学のナイスディフェンスで和歌山大学得点ならず。
 京都大学のセンターパスで後半が開始された。後半開始から和歌山大学が猛攻を見せる。しかし、京都大学が粘りのディフェンスで得点を与えない。後半15分和歌山大学がPCを獲得するも、得点を許さない。和歌山大学も数多くのシュートを放つも、京都大学#1大塲がナイスセーブで得点させない。後半24分京都大学のカウンターからPCを獲得するも、和歌山大学#23三村がナイスセーブで得点させない。後半27分京都大学#26横山のパスに#6大慶がシュートを決め、3-0。後半32分和歌山大学#9平井がシュートを放つも得点ならず。結局和歌山大学が積極的に攻めるもスコアは変わらず試合は終わり京都大学と和歌山大学との試合は3対0で京都大学の勝利という結果に終わった。(MYHOCKEYより) 


Bプール 第二戦 05/30 @舞洲ホッケー場

VS同志社大学 4-2 勝利 公式記録(MYHOCKEY)

(1st 3-0 2nd 1-2)

 

時間  得点者  アシスト

  9分  中西諒  叶皓太

29分  細川敦志 叶皓太

31分  横山彰     

45分  叶皓太

 

【選評】

 平成27年度関西学生ホッケー春季リーグ、5月30日、舞洲人工芝ホッケー場にて、京都大学と同志社大学の試合が開始した。同志社大学のセンターパスからスタート。開始早々、京都大学がチャンスだったが、シュートミスとなる。その後、同志社大学#2の井上かま危険なプレーをし、グリーンカードが出される。前半7分京都大学ノパスミスで、同志社大学がチャンスをつくるが、ものにすることができない。前半9分京都大学のロングパスから#24叶がタッチで得点を決める。京都大学と同志社大学、共に中盤での攻防が続く。前半14分、京都大学がサークル内に持ち込み、PCを獲得する。京都大学#27猪伏がハイプッシュを試みるが、同志社#1松本がゴールを死守する。京都大学のボール支配が続くが、同志社の粘り強いディフェンスにチャンスをものにすることができない。前半25分京都大学#22中西が、サークル内に持ち込みシュートを打つが、ミスショットとなる。前半28分、京都大学がPCを獲得し、#24叶のプッシュを#29細川がタッチでゴールを決めた。前半30分、同志社大学の#10森がタッチシュートを打つが、惜しくも外れる。前半31分京都大学#26横山がヒットを打ち、ゴールを決める。前半終了し、京都大学が同志社大学を3点リードする。
 後半スタートするが、京都大学同志社大学共に中盤での攻防が続く。後半6分京都大学がPCを獲得するが、チャンスをものにすることができない。後半9分同志社大学#2井上のシュートのこぼれ球を#6青木がシュートを決める。後半9分京都大学の#29叶がサークル内にに持ち込みシュートを決める。後半11分京都大学のシュートを同志社大学#1松木がファインセーブをする。後半15分同志社大学#6青木がサークル内でもちこみシュートを決める。後半24分、同志社大学#18北野がゴールを決めるが、審判の審講の末ノーゴールとなった。後半ら同志社が攻めるチャンスが多くなった。後半29分京都大学がサークル内でPCを獲得し、シュートをすふが外れてしまう。後半33分京都大学や攻めの攻撃が続く、後半34分同志社大学の猛攻が続くが、試合終了となり、京都大学が4-2と同志社を破る。(MYHOCKEYより)


Bプール 第三戦 06/06 @瑞穂ホッケー場

vs京都産業大学 1-1 引き分け 公式記録(MYHOCKEY)

(1st 1-1 2nd 0-0)


時間  得点者  アシスト

24分  叶皓太  飯田明寛


【選評】

 2015年6月6日、瑞穂グラウンドで京都大学対京都産業大学の試合が行われた。前半、京都大学のセンターパスにより、試合が開始された。開始早々、京都大学が得点チャンスを作るが、京都産業大学#1山本選手の好セーブにより得点できない。前半14分、京都大学がPCを獲得するものの得点できず、前半18分、今度は京都産業大学がPCを獲得する。これを#11仙波選手が決め、先制点は京都産業大学が挙げた。1点ビハインドとなった京都大学は、前半24分、PCを獲得し、#24叶選手が決め、同点で前半を終えた。
 後半、京都産業大学のセンターパスにより試合が開始。後半14分、京都大学が得点チャンスを作るが、#1山本選手の好セーブにより得点できない。両チーム、一進一退の攻防が続くなか、PCなどで両チームともチャンスは作るものの活かせず、試合は1-1で終わった。(MYHOCKEYより)


順位決定戦 06/20 @舞洲ホッケー場

VS 神戸大学  0-1 敗北 公式記録(MYHOCKEY)

(1st 0-1 2nd 0-0)


【選評】

 平成27年6月20日、関西学生ホッケー春季リーグ、神戸大学vs京都大学の試合が神戸大学のセンターパスにより開始された。序盤は両チームとも前線からのプレスが少なくぢフェンス人でのパス回しが多く見受けらる。中盤でのパス回しもミスなく続くが両チームとも、シュートを放つことができない。しかし、前半28分神戸がPCを獲得すると#4谷村がこのチャンスを見事決め1-0とし、このまま前半を終える。
 後半開始直後、京大が負けじとPCを獲得するがこれは得点には結びつかない。ここからしばらく一進一退の攻防が続くが、京大が追い付くために次第にペースを上げていき、#26横山のドリブルでのカウンターなどチャンスが多くなってくる。しかしながら神戸大学の堅い守りに阻まれ、得点とまでは至らない。このまま時間は後半66分となり、1点がどうしても欲しい京大はGKを交替しフィールドプレイヤー11名でのパワープレイに挑む。その後PCを獲得するが得点することができず、神戸のカウンターとなるも、これ以上点を譲れない京大はGKがいない中でも必死に守り抜く。しかし残り時間は神戸が自陣からボールを遠ざけるプレーをし、堅実に1点を守りきる形で終了し、試合は1-0で神戸の勝利となった。

(MYHOCKEYより)


3位決定戦 06/21 @舞洲ホッケー場

VS同志社大学 1-1 (SO 2-0) 勝利 公式記録(MYHOCKEY)

(1st 1- 1 2nd 0-0)


時間  得点者  アシスト

9分  猪伏耀司  中西諒


【選評】

 6月21日日曜日、天候晴れ。同志社大学のセンターパスから試合が始まった。序盤から立て続けに3度PCを獲得した京都大学だが、同志社大学の決死のディフェンスに阻まれる。その後も京都大学が華麗なパス回しで敵陣まで攻め込む展開が続き、前半9分、#22中西のアシストにより、#27猪伏がゴールを決めた。1点を先取した京都大学だったが、試合中盤、キーパーの蹴ったボールをカットされ、ピンチを迎える。チャンスを迎えた同志社大学はシュートはまで持ち込むもキーパーに弾かれ、得点とはならなかった。その後、同志社大学の縦への激しい攻めに対し、京都大学も粘り強いで対抗。そんな中、前半21分、京都大学のボール回しをカットした同志社大学#16野村のアシストにより#6佐熊がゴールを決めた。攻め続ける同志社大学はシュート場面も多くなったものの京都大学の堅い守りにはばまれ、前半は1-1で終了した。
 京都大学のセンターパスにより、後半が開始。開始早々京都大学が攻め入りシュートを打つもゴールにはならない。後半6分、京都大学の#24叶がシュートを放つもキーパーにセーブされる。後半15分、京都大学の#17和田がサークルに打ち込むもシュートにはつながらない。後半17分、今度は同志社大学#10森がサークルへ打ち込むがシュートにはつながらない。後半20分、京都大学#10服部がシュートを打つも枠をとらえきれない。後半22分、京都大学がパスをつなげていきゴール前まで行くがカットされる。後半24分、同志社大学#10森がパスをし、チャンスとなるが得点にはならず。後半26分、同志社大学#18北野がシュートを打つが失敗。後半は両チーム無得点。
 SOの結果、京都大学が勝利した。(MYHOCKEYより)